棚田オーナー制度

田植えから稲刈りまで、実際に作業をしながらお米作りを楽しんでもらうため、また、美しさだけではない棚田の厳しさを理解してもらうことで、棚田保全の輪を広げていくことなどを目的に、「棚田オーナー制度」が実施されています。平成18年から「棚田オーナー制度」が実施されています。

◆ 棚田オーナー制度の仕組み

区画面積 1区画は約100平方メートル(複数区画の申込みも可能)
会  費 年間35,000 円
特  典 収穫した棚田米、玄米の進呈(約40kg)
※不作の場合は減ることがあります

◎ 体験コース

今まで農作業をしたことがない方、気軽に農作業を体験してみたい方、子どもに農作業を体験させたい方などが主な対象です。

◎ チャレンジコース

お米作りをしてみたい人、農作業の技術を習得したい人、将来は自分で農業をやりたいと考えている人などが主な対象です。
主な予定
4月 説明会と棚田の現地見学・区画割りの抽選会・地主さんの紹介
5月 田植え
6〜8月 草刈り(チャレンジコースのみ)
9月 稲刈り・はさがけ・脱穀・籾すり

2017年度の募集は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

 

守り人の会とつながろう!